相手への配慮を大事にする

トップページ > メールテクニック > 相手への配慮を大事にする

恋人にメールの返信を迫るのはダメ!相手を信じて待とう

いつでもコミュニケーションがとれるメールはとても便利なものですが、やり取りがリアルタイムではないので相手からの返信がいつ来るかは分かりません。

相手の生活環境が分かりにくい遠距離恋愛ではその不安に拍車がかかります。「忙しいのかな?飲みに行ってるのかも?も、もしかして他の女が!?」と会えないことで不安を掻き立てられ、余計なことまで想像してしまいがち。

その結果、返信を急かすメールを送ってしまいがち。あなたも「返信ないけどお仕事忙しいのかな?」といった追撃メールを送っていませんか?

相手のことを配慮していない自分本位なメールを送られると誰だって気持ちが冷めてしまいますよね。遠距離恋愛ではそれが特に顕著です。彼の負担になるNGメールは絶対に送らないようにしましょう。

遠恋中の男性がメールを負担に感じる瞬間

・長文のメールが送られてきた――女性はメールをコミュニケーションツールとして考えていますが、男性は情報伝達の道具としてメールを使います。そのため長文のメールを見ると「もっとまとめられるだろ!」と思い、読む気も失せてしまうのです。

・1日に何通もメールが届く――これは遠恋初期にやってしまいがち。最初の頃はあなたの近況が気になる彼ですが、慣れてくると何度も送られてくるメールを面倒に感じてそのまま放置してしまうことも!

・送信する時間を考えていない――彼が仕事を終えてヘトヘトになって帰宅し、明日に備えて寝ようとした瞬間にメールが届く…こうなったら明日の朝まで彼がメールを確認することはないでしょう。彼が時間的に余裕のあるタイミングで送信することがポイントです。