メールテクニック

トップページ > メールテクニック

遠距離恋愛の必須アイテム!メールとLINEの意外な落とし穴

遠距離恋愛をしているカップルが連絡を取り合うのに欠かせないアイテムと言えばメールとLINEですよね。

スマホが普及している最近ではもしかしたらテレビ電話まで無料でできるLINEが主流になりつつあるのかもしれませんが、どちらも文字でのコミュニケーションを主体としているという点では共通点が多いのではないでしょうか。

遠離れていても電波さえあればいつでもどこでも相手と繋がれる便利さと手軽さが遠距離恋愛において最大の魅力ですが、その魅力に落とし穴が隠れていることに気づいている人がどれほどいるでしょうか。

遠遠距離恋愛を続けていく上で大事なこと。それはお互いに連絡を取り合うこと。そんなことは遠距離恋愛していない人にだって分かることです。

しかし、連絡を取り合うとはメールやLINEでただやり取りをすれば良いということではありません。意外と知らないメールの落とし穴とテクニック…あなたは知りたくないですか?

連絡すればいいってものじゃない!?量より質が大事なんです!

遠距離恋愛中の連絡頻度は多いに越したことはありません。ただし、2人がそのペースで無理なく続けられるなら、です。そもそも男性はそこまで連絡を取り合うことに積極的ではありません。

それは連絡不精であるという理由もありますが、1番の理由は話すことがないからです。あなたがドラマや漫画の主人公のように刺激に溢れる日々を送っているなら別ですが、社会人の平日なんて基本的に家と職場の往復ですから毎日毎日メールでやり取りをしてまで伝えるような目新しいことはそうそう起きるものではありません。

にも関わらず「なんでもいいから毎日連絡しなきゃ!」と彼にメールしていませんか?特に話題もないのにメールしたものだから会話が盛り上がらなくてつまらない。そんなメールではあなたも彼も苦痛なだけでしょう。

遠距離恋愛でメールを無理なく続けるコツはお互いがやり取りを楽しむことです。彼にメールを送る前に、「この話題で彼は楽しくなってくれるだろうか?」ということをもう一度考えてみることをオススメします。

男の行動を縛るほど心は離れて行く…束縛しても愛は手に入らない

遠距離恋愛をしている時は不安に襲われることでしょう。振り払おうと思っても一度自覚してしまった不安はなかなか消えてくれません。

「もう気持ちが冷めてしまったんじゃないか…」「彼が浮気しているんじゃないか…」些細なことが気になってどんどん悪い方向へと思考が流れてしまう。そんな不安を解消するためか、触れ合えない時間を埋めるためか、遠距離恋愛中に束縛をしてしまう女性が後を絶ちません。

メールは朝起きたら必ず送ること。休み時間にはスマホをチェックすること。帰宅した時と寝る前にも連絡をすることetc…そんな規則を作っても不安はなくならないでしょう?それに、これでは彼がいつか疲れてしまいます。

あなたも彼もそれぞれ別の人間です。自分の人生があり、自分の時間を生きているのです。遠距離恋愛で寂しいからといっていつでも彼と繋がっていたいと規則で雁字搦めにしたメールをするより、彼の意志を尊重してあげてはどうでしょうか?それともあなたの愛した人はそんなに信用できない人なのでしょうか?